無料英会話教室の長所と短所

Goeigo英会話教室は基本的に「フツーの英会話教室」と言っていいと思いますが、僕なりにその長所と短所をまとめてみました。

無料英会話教室の長所

お金がかからない

何と言っても、最大の長所は無料だということでしょう。

お金がなくても通えるし、途中で挫折しても金銭的負担がありません。

教材はネットからの無料ダウンロードですし、筆記用具を持ってこない人すらいます。
(さすがにそれはどうかと思いますが(苦笑))

たくさんのネイティブ講師の英語に触れられる

先生が定期的に入れ替わるので、色々な地方・国籍の英語に触れることができます。

ベースは日本人に馴染みのあるアメリカ英語ですが、例えばオーストラリア人の英語を聞いたりするチャンスもあります。

レッスン以外でも英語が学べる

授業の後の雑談の時間や、各種のイベントなどでもネイティブスピーカーと会話するチャンスが有ります。

アポを取って一緒に食事をしたり、時間の都合が付けばプライベートレッスンをお願いすることも可能です。

無料英会話教室の短所

お金がかからない

「お金がかからないのが短所?」
と思うかもしれませんが、決して間違いではありません。

無料であるということは実は諸刃の剣で、僕はこれが最大の短所にもなり得ると考えています。

先払いで高いお金を払う必要がある英会話スクールと違って、失うものがない無料の教室ではちょっとしたことで休んだりサボったりすることが多くなりがちだからです。

雨だとサボりがちに・・・

実際Goeigo英会話教室の出席率は、天気の悪い日にかなり低くなります(笑)。

先生が時々変更になる

色々な先生の英語に触れられる反面、お気に入りの先生を見つけたとしても、その人にレッスンを受けられるのは数ヶ月の間だけです。

ただ、僕が見る限り、日本に来ている外国人宣教師たちは知的で明るい性格の人が多く、授業が分かりにくいとか教え方が悪いと感じるような人に当たったことはまだありません。

バイリンガルは少ない

バイリンガルの講師はほとんどいないので、例えば細かい英文法を日本語で解説してほしいというような場合には、それができる先生を見つけることが難しい場合もあります。

もちろん英語で文法の質問ができれば英語で詳しく解説してくれますが、僕のレベルだとそもそもその質問を英語でどう言えばいいかが分からない事も多いのです(笑)。

生徒数はケースバイケース

クラスあたりの生徒の数はその日に集まった人の数で決まるので、グループレッスンを希望しても先生と自分だけになったり、少人数を希望しても大人数のグループになったりします。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP