僕がGoeigoに参加した理由

「7月にこっちで結婚式だから。」

「え!?」

そんなやり取りから、僕の英会話への挑戦が始まりました。

どういうことかというと、オーストラリアに住む僕の妹が現地の人と結婚することになったんです。

つまり、オーストラリア人と結婚って事です。

外国人と結婚!?

「すげえなウチの妹!」
と思っているそんな僕の英語力はといえば、学生時代は赤点常習者。

何とか落第こそしなかったものの、20点台ということは何度もありました。

当然ですが、英会話なんて満足にできるはずもありません。

「これはペンです。」
とは言えても、
「これはペンですか?」
になると、

えっと、isを最初に持ってくるんだっけ・・・?
と小一時間考えるくらいの英語力(笑)。

外国人に話しかけられたら、どうしていいかわからなくて逃げ出したくなる・・・いや実際に愛想笑いだけして逃げ出すようなレベルでした。

でも、義理の弟や新しくできる親戚が外国人となれば、そのままでいいはずがありません。

会話しないなんて無理だし、結婚式場から逃げ出すわけにもいかないし。

世界的にはマイナーな言語である日本語会話を相手に期待するのも無理な話です。

そんなわけで、少しでもコミュニケーションできるようにと英会話を勉強しようと思ったわけです。

でも・・・

英会教室って、けっこう悪どいところもあるっていうじゃないですか。

何十万も払って、そのまま会社が倒産したりとか(苦笑)。

なので、とりあえずネット検索で、近所に安い英会話教室とか無いかなー、と探してみたところ・・・

なんと「無料英会話教室 Goeigo」との文字が。
「なんて読むんだろう?ゴーエイゴ?」

最初はいわゆる英会話サークルみたいなもんかな?と思いましたが、どうやらそうではなく、教会がボランティアとしてやってるらしい。

「無神論者の僕が参加しても、まわりの人達がみんなキリスト教徒で、凄まじく居心地が悪かったりしないだろうか?」

「名目は英会話教室と言いつつ、しつこく勧誘されたりしないかな?」

そんな不安も多少はありましたが、最終的には
「まさか取って食われる事もないだろう。嫌なら一回だけでやめればいいし。(どうせ無料だし!)」

そう考えて、とりあえず参加してみる事にしたわけです。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP