教会で英会話を習うのはこんな人たち

特に初めて英会話教室に通う人にとっては、
「他にどんな人が来ているの?」
という事が気になるかもしれません。

僕の場合も最初は、
「初心者は自分だけで、他の生徒がみんな英語ペラペラだったらやだなぁ。」
と思っていました。

もちろんこれについては英会話教室が開かれる場所によってもかなり違ってくるとは思いますが、僕が経験した範囲でどんな人達がGoeigoのレッスンに参加しているかをまとめてみましょう。

初心者

義務教育による英語か、それに毛が生えた程度の英語経験までを持った初心者で、
「How are you?」
と外人に聞かれたら、たとえ風邪を引いて熱があろうと、
「ファ、ファインセンキューアンドユー?」
という以外に答え方を知らない
とか、あるいは英語を文章にするのがむずかいいので、身振り手振りと単語を組み合わせてかろうじて意思疎通ができるレベルの人たちです。

みんな最初は英会話初心者

最初の頃の僕もまさにこれでしたが、割合としてはこのレベルの人が一番多いんじゃないかと思います。

中級者~準上級者

大学で英文科を出ていたり、ホームステイや留学の経験があって、ペラペラとは言えないまでもそれなりに英語を話せて、片言の英語で外国人とも談笑できる人たちです。

この中級者~上級者の入り口くらいの人が、初心者についで多い感じです。

このレベルの人は中級者から上級者のクラスに参加していて、僕もなんとかこの仲間に入れるくらいにはなりました。

上級者~超上級者

割合としてはごくわずかですが、年単位で英語圏の国に住んでいた経験があったり、講師として英語を教えた経験のある人達に会うこともあります。

いわゆる「英語ペラペラ」の人たちで、英語を勉強するというよりは、身についている英語をさびつかせないために話しに来ているんだと思います。

授業の中で分からないことがあるときは、このレベルの人に質問すると、分かりやすく日本語で答えてくれるので、メチャクチャ助かります^^。

僕の住んでいる地域には大きな空港があるので、外国人や海外経験のある人が多いのですが、それでもこのレベルの人は数自体が少ないです。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP