英会話が上達しない人の共通点2

一つ前のページに書いた「恥をかくことを極端に怖がる人」は、どちらかというと内気で、自分に自信のないタイプの人がハマりやすいパターンだと思います。

しかし、それとは逆に、イケイケドンドン(死語?)な感じでどんどん人と話せるタイプの人でも陥りやすいパターンがあります。

基本的な文法を理解していない人

英会話というと、
「細かい文法よりもとにかく実戦だ!」
ということを言う人がいます。

まあ、僕自身も基本的にその考え方には賛成です。

英語で会話している最中に、
「これは不定詞の副詞的用法だな。」
なんて考える必要はありませんし、「仮定法」とか「分詞構文」を全く知らなくても簡単な会話をする上ではほとんど問題になりません。

日本語だって、そんな事考えながら話さないですもんね(笑)。

最初はとにかく知っている単語を並べて、身振り手振りをフル活用して自分の意志を伝えようとするくらいの勢いがある人のほうが、学習効果も大きくなると思います。

ただ、いくら実戦主義とはいっても、中学校の1年、2年で習うような文法すら頭に入っていないとなると、それは致命的な欠点になります。

基礎ができていないのに場数だけで「英語慣れ」した人の英語は、英語がわからない人からは「英語ペラペラ」に見えても、実際には構造がメチャクチャ。

英会話が上達しない人の特徴

日本語で言うなら、
「私はあなたと友達になりたいと強く思っています。」

「私、友達、とてもなりたいあなた思いましょう。」
みたいな感じでしょうか。

周りの人が一生懸命意味を理解しようとしているから簡単な会話なら何とか成立しますが、少し複雑なことを話そうとすると全く理解できない英語になります。

もちろん、英語を勉強し始めた段階ではこれでも仕方ないでしょう。

ただ、そもそも文法を軽視している人は、この状態から先に進めなくなってしまいます。

なぜかというと、自分が間違った英語を話しているという自覚がないからです。

実際に、年単位の海外留学をしたにもかかわらず、上に書いたような分かりにくい(場合によっては誤解を生む)英語を話し続けている人を私は何人か知っています。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP