モルモン教の評判について調べてみた

さて、Goeigoを運営しているモルモン教の評判はどんなもんなんでしょうか?

僕の友人には2人、無神論者のアメリカ人がいるんですが、彼らのモルモン教に関する印象をまとめると、
「感じの良い人が多いね。厳しいルールを守っていて尊敬できるけど僕には真似できないな。」
という感じのようです。

その内の一人は父親が神父ということもあって宗教には少しだけ詳しいんですが、彼によると今のモルモン教は信者もかなり増えてきていて、新興宗教でありながらもキリスト教の一つのスタイルとして定着してきつつあるみたいです。

ただし、色々と調べてみると、モルモン教についてもネガティブなニュースはあります。

モルモンの教会

例えば、戒律に厳しいモルモン教の創始者ジョセフ・スミスには、実は40人もの妻がいたという話も大きな話題になりました。

当時は重婚を禁止する決まりがなく、特に法律上の問題も無かったらしいのですが、
「天使に結婚することを迫られた。」
というコメントには、個人的にカルト宗教的な不気味さを感じてしまいます。

ネット上を検索してみても、モルモン教はカルトだ!と主張する人のブログを発見しました。
(僕には、何をもってカルトと言っているのかよく理解できませんでしたが。)

ほかにも、ある本には住民の70%がモルモン教と言われているユタ州では、他の州よりも犯罪発生率が高いという記述があったりもするようです。

世の中にはたくさんのモルモン教徒がいて、それこそ性格も違うわけですから、中にはあまり感じの良くない人がいたり、そういう人と関わって嫌な思いをしたという「被害者」もいるかもしれません。

仮に世の中で最高の宗教があったとしても、その信者が全て聖人君子ということはあり得ないですからね。

どっちにしても人と関わる上では、その人が所属しているグループの他の人が過去にどんなことをしたのかという事だけでなく、自分と直接接している相手がどんな人なのかを見極めるのが重要だと考えてます。

そして、僕が今接しているモルモン教の人たちを嫌だと思わない限り、彼らと関わり続けたいと思うでしょう。

※当サイトへのリンクを歓迎いたします。
(管理人へのご連絡は不要です)
PAGE TOP